北海道フルーツ☆ハスカップのジャム

ハスカップとハスカップジャム

パンチのある酸味とペクチン豊富なハスカップは、まさにジャムにぴったりの果実です。その濃~い赤むらさき色のジャムをたっぷり塗ったパンを食べれば、朝から元気になれそう!?

ハスカップの特徴

木になったハスカップ
果肉が柔らかくつぶれやすい

もともと北海道では自生していたものの、土地開発でどんどん入手困難に。そこで1970年代に入ってから厚真町・美唄市・千歳市など道東を中心に栽培スタート。

北海道では6月下旬から7月中旬までのわずか3週間ほどしか収穫できない貴重な果実です。その甘酸っぱいおいしさはもちろん、健康効果も相まって北海道の特産になりつつあります。

鉄分が多め♪
100g中の鉄分比較

  • ハスカップ 0.6㎎
  • いちご 0.3㎎
  • ブルーベリー 0.2㎎

他にもカルシウム・カリウムなどミネラルを含み、ビタミンC・Eや、クエン酸など有機酸を多く含むことからハスカップが「不老長寿の果実」などとよばれていたゆえんかもしれません。

生のハスカップの実

ハスカップジャムの作り方

冷凍ハスカップの実

材料

  • 冷凍ハスカップ
  • ハスカップの30%のグラニュー糖
  • ハスカップの20~30%のグラニュー糖

※私は酸味が好きで、市販のハスカップジャムを食べた時甘すぎるように感じました。

なので私はハスカップの5割のグラニュー糖を入れていますが、6割ぐらい入れると食べやすいかもしれません。あくまで好みで!

ハスカップの糖度を測定

生の果肉の糖度をはかってみました。

お~、15度近くもある!ただ、酸味が強いので実際生で食べてもイチゴのように甘く感じませんが…

鍋に入った冷凍ハスカップと砂糖
砂糖の量を最初にメモしてます

冷凍ハスカップとハスカップの30%分のグラニュー糖を鍋に入れ、かきまぜてそのまま30分以上置いておきます。

ジャムのアクを取っている

鍋を中火ぐらいにかけ、グラニュー糖が溶けたら強火にして時々まぜます。

アクが出たら弱火にしてすくい、再び強火でアクを出し…をくりかえし、5分ほど軽く煮て火を止めます。

50%のグラニュー糖を最初から入れ、ここでやめればハスカップソースに
ハスカップソースのかかったヨーグルト
ソースはヨーグルトにかけたり♪
鍋に入ったハスカップジャム

30分から一晩おきます。

鍋がホウロウだと色移りすることがあるので、長く置く場合ボウルに移しかえることも。(酸がつよいので、銅鍋に入れっぱなしもNG)

煮詰めているハスカップジャム

20~30%のグラニュー糖をくわえまぜ、煮詰めていきます。

火入れ2回めは濃度がありハネるので、火加減で調整を!

固さをチェックしたハスカップジャム

ハスカップはペクチンが多いので、他のジャムより気持ちゆるめにするとちょうどいいです

固さチェック

  • ゴムベラを手でなぞってゆっく~り垂れるぐらい
  • 水に落とすと底で固まるけれど、色がすぐにじむ
ハスカップジャムを瓶につめる

あついうちに煮沸消毒したビンの口いっぱい詰めて、フタをして逆さに。そのまま冷まします。

ハスカップジャム瓶3本

540gのハスカップで160㏄ビンが3本できました。

 

パンに塗ったハスカップジャム

たっぷり塗って食べます。

うん、甘酸っぱくておいしい!この酸味がクセになります

わたしはブルーベリージャムより、だんぜんハスカップジャム派です(´▽`*)

ということで以上、きままなハスカップジャム作りでした~☆