チマチマ使いたいとき便利なあっさりクリーム

手に持った明治純乳脂

料理やお菓子に少しだけクリームを使いたい時、開け口がしっかりしまって便利なクリームがありました。コーヒーゼリーなどにもぴったりです。

明治純乳脂クリームのメリットデメリット

明治純乳脂のパック

コーヒーゼリー用のクリームにと、このパウチタイプの明治純乳脂というクリームを買ってみました。

プラスチックでこのように自立します。

明治純乳脂の材料表示

乳脂肪分35%とあっさりタイプ。

クリームを…と上記で書いてしまっていますが、添加物が入っているので正確には「乳等を主原料とした食品」でありクリームではありません

ということで、デメリットとしては

  • 添加物入りの商品であるということ
  • プラスチック製なので環境にはあまりよろしくない
  • 乳脂肪が少ないのでコクはほどほど

でも、メリットと紙一重でもあります

  • 安定剤入りのため、振動なのどダメージを受けにくく、開封後も多少日持ちがする
  • プラスチック包装により空気が入りにくく密閉性があり、紙パックより保存性がある
  • 乳脂肪が少なく軽い味わいなので、夏場などにはぴったり

コーヒーゼリーに

ガラスの器のコーヒーゼリー

しっかり濃くほろ苦いコーヒーゼリーに、クリームとガムシロップを絡めて食べる懐かしい感じ。

ガラス容器に入った4つのコーヒーゼリー

作り方はカンタン。きもち濃い目に入れたコーヒー液が熱いうち(80度は必要)にゼラチンを加え、よ~く混ぜて容器に入れる。

粉ゼラチンを直接液体に振りいれる場合、液体の温度が低いとゼラチンが溶けきらず残ることがあるので、その場合軽くチンします

粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして固める。

ゼラチン5gに対してコーヒー液が…

  • 250㏄→しっかり固め
  • 300㏄→ほどよく固め
  • 350㏄→ほどよくやわらかめ
ガムシロップを注いだコーヒーゼリー

ガムシロップと、

クリームを注いでるコーヒーゼリー

クリームを好きなだけ注ぎます。

レンジでガムシロップ

耐熱容器に入ったガムシロップ

ガムシロップを少量つくるならレンジが簡単

耐熱容器にグラニュー糖大さじ2・水大さじ3.5を入れて軽くまぜ、ラップをせずレンジ2分30秒かける(600W)

沸騰するので、容器はよゆうのあるサイズで!

粗熱をとって冷蔵庫で保存すれば、しばらくもちます。

スプーンですくったコーヒーゼリー

コーヒー液に砂糖を入れてガムシロップなしでもいいのですが、しっかりほろ苦いコーヒーゼリーに、ガムシロップの甘味とクリームが混ざり合いなんともおいしいのです!

ここにバニラアイスをいれて豪華にしても♪

まとめ

乳脂肪も少ないし添加物もはいっているので、万人受けはしませんが、開封後も空気をぬく・ドアポケットにはいれないなど気をつかえば、1週間はもちました。(メーカーでは開封後はお早めに…と言っていますが)

ケーキでたっぷり200㏄使い切るなら、紙パックの添加物なし「生クリーム」を使うにこしたことありません。

しかし、小分けで何日かに分けて使うならコレはコレでありだと思います。用途によって使い分けるといいですね!