缶詰時短レシピ|鮭の中骨とコーンの炊きこみご飯

缶詰を使った炊き込みご飯

お手頃価格で骨まで食べられる「鮭の中骨水煮缶」をつかった、お手軽メニューです。この鮭の塩気がとうもろこしの甘さをひきたて、後ひくおいしさ。缶汁も使うので、ムダがありません。

材料

鮭の中骨缶詰とトウモロコシの缶詰

・米…2合

・鮭の中骨缶詰…1缶(内容総量180g)

・スイートコーン缶詰…1缶(内容総量230gで砂糖不使用)

・しょうが…ひとかけ

・バター…ひとかけ

【調味料】
酒…大さじ2

醤油…大さじ1

麺つゆ…大さじ1

コショウ…好みで

作り方

1.米は洗ってざるにあげ、30分おく。


2.1の米を炊飯釜に入れ、缶汁を入れる。この時フタをぎゅっと抑えながら、缶汁が残らないよう逆さにして、しっかりふり入れる。(うまくできない時は、ざるを使っても)


3.調味料を入れ、メモリより少ないラインまで水を加える。



4.鮭缶とコーン缶を入れる。



ショウガをすりおろす

5.しょうがをすりおろしと、バターをのせる。


              私は白コショウを

6.このみでコショウを加えあれば「炊き込みモード」炊く。(なければ普通モードで)


7.炊けたら10分蒸らして鮭をほぐしながら混ぜる。


はい、めしあがれ。バターの油分で和風ピラフの趣です。

まとめ

鮭とコーンの栄養効果

鮭とコーンは疲労回復を促してくれます。疲れて家事を少しでもラクしたい時にはうってつけのメニューかと思います。

*缶汁が残らないようしっかり振り入れる

*水加減をメモリより減らす

この2点に気をつければ、他はなんにも考えなくてOK。

ぜひおためしを!

PS…

生産者のこだわりや味ももちろんですが、コーンは缶の見た目で思わず買いました…。どこかレトロな雰囲気がたまりません。

空き缶にペン