とうもろこしの茹で方|2~3本ならフライパンがおすすめ!

とうもろこしとフライパンイラスト

茹でているとうもろこし

ほんのり塩が効いた茹でたてとうもろこしは、甘さが際立っておいしいものです。しかも新鮮なとうもろこしほど、短時間で茹でたほうが甘さが失われません。

そこで、フライパンを使いかんたんに茹でられる方法を写真で解説。少量の水しか使わないので、栄養も逃しませんよ。

準備と手順

フライパンに入った3本のとうもろこし
とうもろこし2本とフライパン

1.とうもろこしは薄皮を1枚つけた状態で洗い、フライパンに200㏄と塩小さじ1を入れて溶かします。

薄皮をつけておくと甘さが引き立ち、風味も逃げにくいのでオススメです♪

フライパンに入ったトウモロコシ

2.とうもろこしを入れ、フタをして沸騰するまで強火にかける。


フライパンで茹でているとうもろこし

3.沸騰したら、中火5分加熱


フライパンで茹でているとうもろこし

5.ひっくり返して、さらに中火で2分加熱。もしまだ堅いようならフタをしたまま2~3分蒸らす。


茹でたとうもろこし2本

すぐ食べない分は、薄皮をつけたままおいておくと乾燥しませんよ!

まとめ

とうもろこしをほおばる女性
  1. フライパンに水200㏄と塩小さじ1
  2. フタをして強火
  3. 沸騰したら中火にして5分
  4. ひっくり返して中火2分
  5. 少し蒸らして好みの固さに

もしフライパンのフタがをお持ちなら、ぜひ試していただきたいとうもろこしの茹で方でした。

ここでは厚手で密閉性のあるフライパンではなく、あえて簡素なものでもOKという趣旨なので、ニトリの安いフライパンとフタを使用

レミパンなど厚手のフライパンの場合、熱効率が良いため早く柔らかくなることがあります。様子をみながら最後の加熱や蒸らし時間を調整してみてください。

枝豆も同様にできるので、夏場にぜひ!